あるプロジェクトで心拍数を検出する必要があったので、心電図をRaspberry Pi で取り込める回路を作った。
しかしノイズが酷くてR波以外はよくわからない。

ノイズ成分をよく調べて見たらどうもハムノイズのようだ。
R波がわかれば心拍数がわかるので、このままでもいいのだが気持ちが悪いのでノッチフィルタを作成した。

まだ若干ノイズが残っているが、今回の目的にはこれで十分(Q、S、T波が確認できるので)なのでこれ以上の追求はしないことに。
カットする周波数を変えられるように可変抵抗を使ったが、少しぐらい抵抗値が変わってもノイズの量が変わらないので固定抵抗にして3チャンネル(全4チャンネル)に対応した。


まぁまぁうまくいったかな。不整脈持ちなので(ちゃんと診察は受けてます)時々チェックしてみよう。